スーパーフードの可能性?

Pocket

ここ最近、ファッション誌や美容誌で見かけない日はないほど、スーパーフードが注目を浴びていますよね。一般的な植物と比べ、栄養価が高くカロリーが低いスーパーフード。インナーケアの定番として、じわじわと人気を集めています。
中でもココナッツは、海外セレブが生活に取り入れていることからブームとなり、今ではスーパーでもココナッツコーナーができるほど、その魅力は広く認知されるようになってきました。
しかし、まだココナッツパウダーやココナッツオイルを手がけているメーカーは、さほど多くありません。そこでビューズは、「まだココナッツ商品に可能性があるのではないか」と考え、ココナッツを含むスーパーフードの商品展開の可能性について、調査を実施しました。
ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421
■ココナッツブームは続くのか?
ココナッツに対する関心度は、メディア媒体、Googleでの検索数や楽天市場などのランキングを見ても、近年非常に高まっていることがわかりました。ココナッツオイル、ココナッツフレーク、ココナッツパウダーなどを料理に使ったり、ココナッツオイルは美容オイルとしてスキンケアにも取り入れられています。
また、ミランダ・カーやマドンナなど、人気の海外セレブが愛用していることもあり、「ココナッツ=おしゃれ」というイメージも定着。健康・美容意識が高い人が注目しているのはもちろんですが、生活にココナッツを取り入れることが、ある種のステータスのようになっている印象も受けます。
しかし、ココナッツは夏のイメージが強く、通年取り扱う商品としてはやや問題あり。さらに、ココナッツオイルは気温の低下とともに固まりやすくなるので、秋冬には向かないオイルだといえるでしょう。このような理由から、ココナッツ単体では長期的なブームにはならないであろうと推測されます。
■スーパーフードはMIXタイプ粉末が人気
その他のスーパーフード商品としては、いくつかのスーパーフードがブレンドされた、MIXタイプの粉末が人気です。水に溶かすだけで手軽に飲めるもの、とくにシェイカー付きのものの売れ筋がよいことがわかりました。やはり、「料理などの手間がいらないこと」、「家に帰ってすぐにでも始められること」が重要なポイントになっていると考えられます。
また、ココナッツのように季節感のある素材でも、他の素材とブレンドされていれば気にならず、通年取扱いやすい商品になるといえます。ただ、グリーンスムージー系の商品はすでに多く出回っているので、いかに他の商品と差別化していくかが課題になるでしょう。
■美容オイルとしての可能性
スーパーフード人気と並行して、スキンケアのステップにオイルを組み込む「オイル美容」がブームになっています。美容オイルは多く展開されていますが、スーパーフードを謳った商品はほとんどありません。
ビューズは、長期的ブームになりそうなオイル美容と、スーパーフードの魅力を合わせて訴求することで、まだまだ美容オイル市場に参入できると考えました。
ココナッツオイルやアサイーオイルはすでに登場していますが、先に述べたようにココナッツオイルは固まってしまったり、季節感が問題になります。アサイーは、一時的なブームで終わってしまうことが懸念されるでしょう。
現在は、アルガンオイルやローズヒップオイルなど単体のオイルが人気ですが、長年にわたって人気商品となっている『ヴェレダ』のオイル等を見てみると、複数の素材を配合したオイルになっています。この点と、スーパーフードのそれぞれ単体の認知度やブームの行き来を考えると、美容オイルについてもMIXタイプがよいと考えられるでしょう。
また、複数のスーパーフードオイルが入っていることで、より効果的である印象、お得感も与えることができ、ココナッツのような季節感を消すことも可能です。
現在ビューズでは、今回の調査をもとに、スーパーフード粉末、スーパーフードオイルの商品開発を進めているところです。
今後も多方面での調査を行い、ビューズからトレンド発信をしていきたいと思います。ご期待ください!