SNS広告って本当に効果があるの? SNS別に特徴をご紹介

Pocket

「情報過多」といわれる現代において、一人ひとりに合わせた配信が可能なSNS広告は、購買意欲の高いユーザーに効果的にアプローチすることができるため、高い費用対効果が期待できます。とはいえ、「本当に効果があるのか?」と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は主要なSNS広告についてそれぞれの概要、メリット、デメリットについて解説していきます。 

 

Facebook広告 

概要 

Facebook広告とはFacebook上に表示される広告です。Facebook国内MAU(月間アクティブユーザー)は2,600万人(2019年時点)と非常に多く、様々な利用者にアプローチできることから、多くの企業に支持されています。日本においては、他のSNSと比べて40代以降の利用率が高く、ビジネスに関する話題も多く交わされているという特徴があります。そのため、中高年層にアプローチしたい企業や、BtoB企業にとってFacebook広告の活用は、狙い目と言えるかもしれません。Facebookではフィード、インストリーム動画、右側広告枠、ストーリーズに広告が表示されます。PC版では、フィードと右側広告枠のみになり、反対にモバイルでは右側広告枠は表示されません。    

 また、Facebook上以外にも、Facebook社がサービスを提供している、Instagram、Messenger Audience Networkにも広告を配信することができますAudience Networkとは、Facebookの審査を通過したサードパーティのアプリやサイトのことで、代表的なものにニュースアプリのGunosyや飲食情報サイトの食べログがあげられます。Instagram、Messenger広告はその名の通り、それぞれのアプリ上に表示される広告ですが、Instagram広告については、次の項目で詳しく解説します。 

 

Facebook広告のメリット

精度の高いターゲティングが可能 

Facebook 広告の最大の強みは、精度の高いターゲティングができることです。Facebookは、原則、実名登録のSNSです。そのため、個人プロフィールの年齢や性別、経歴、所属する企業から生活過程に至るまで、正しく入力している人が多く、ターゲットを絞り込みやすいという特徴があります。 

広告フォーマットの種類が豊富 

Facebook広告では、商品・サービスの特徴に合わせて様々な広告のフォーマットが選択できます。「リーチ」「エンゲージメント」「来店数の増加」など達成したい目的に合わせてフォーマットを選択できることはメリットの一つと言えるでしょう。また、これらの広告を同時に配信し、どのフォーマットが一番効果があったかをテストできるA/Bテストという機能があります。広告フォーマットに迷っても、検証と改善ができます。 

 

Facebook広告のデメリット

Facebookユーザーにしかアプローチできない 

Facebook広告は当然ながらFacebookに登録しているユーザーにしか配信されません。幅広い年齢のユーザーが見る大手検索エンジン広告に比べて、Facebook広告はある程度制限があるなかでの広告ということを認識しておく必要があります。 

仕様変更が多い 

Facebook広告は仕様変更が多く、操作画面のレイアウトなどが変わることがあます。そのため、一度広告を配信すれば終わりではなく、配信と検証を繰り返しながら継続的な運用を目指すことが必要です 

 

Instagram広告 

概要 

Instagram広告は、Instagram表示される広告です。InstagramはFacebook傘下のサービスですが2019年には国内MAUFacebookを上回3300万人到達ており、マーケティングにおいても非常に注目されている媒体の一つです。ユーザーには、20~40代若年層と、女性が多いという特徴があります。特に10~30代のユーザーにおいては、いずれも60%以上が女性であるため、女性向け商品やサービスを扱う企業は、Instagram広告の活用は欠かせないでしょう。 

Instagram広告はフィードとストーリーズでの表示が可能です。 

   

また、ダイレクトに広告が表示されるわけではないですが、ユーザーの利用履歴や興味関心に基づきパーソナライズされて表示され発見タブ」というページの中から、投稿をタップし、スクロールすると広告が表示される仕組みもあります。更にショッピング広告という機能備えており、表示された広告のタグからそのままECサイトに遷移させることができます。 商品ページへとスムーズに遷移させることができるため、ユーザーの購買熱量を保ったまま商品の購入へ繋げることができます。

  

 

Instagram広告のメリット 

Facebookのユーザーデータが使える 

InstagramFacebook傘下のサービスなので、Facebook広告と同等の詳細なターゲティングが可能です。 

インパクトのある写真で自然な宣伝ができる 

Instagramは他のSNSと比較して、視覚的に商品をユーザーにアピールできる特徴があります。また、タイムラインに流れる画像や動画の一つとして広告が掲載されるので、広告っぽさの少ない自然な宣伝ができる点もメリットの一つです。 

 

Instagram広告のデメリット

BtoB向けプロモーションとの相性は好ましくない 

Instagramはあくまでもエンドユーザーへの情報発信ツールなので、BtoB向け商品やサービスを提供している企業にとっては相性が良くない場合もあります。広告にInstagramを使うべきかは検討が必要です。

拡散力が弱い 

Instagramにはシェア機能がないため、他のSNSと比較すると拡散力が弱、宣伝効果が限定的になる傾向があります。 

 

TikTok広告 

概要 

TikTok広告とは、TikTok表示される広告す。TikTokは、2018年から急激にユーザー数を伸ばしており、国内MAUは950万人(2019年時点)に達しています。比較的新しいSNSということもあり、現時点のMAUFacebookやInstagramに劣りますが、アプリのダウンロード数世界で20億回を突破するなどここ数年、凄まじい成長を見せており、今勢いのある媒体の一つです。国内のユーザー層は、10代が中心で、女性が6~7割と多い傾向にあります。そのためデジタルネイティブ世代のブランド認知度やエンゲージメントを高めるマーケティングソリューションの一つとしてTikTok広告は非常に有効です。なお世界的には、男性ユーザーの方が多く、約60%が20歳以上のため、今後は日本でも20歳以上のユーザーと男性ユーザーの増加が予想されます。 

TikTok広告の種類起動画面広告インフィード広告チャレンジ広告3種類です。それぞれの特徴は以下の通りです。 

 

画像引用元:MarkeZine 

起動画面広告 

アプリを起動時に3~5秒全画面表示される広告です。1日1社限定の配信となり、登録から7日以上経過しているユーザー全員に配信されるため非常に訴求力に長けています。 

インフィード広告 

おすすめ投稿欄に5~15秒全画面で表示される広告です。いいね・コメント・シェアができるため、インパクトのあるコンテンツであるほど、高い広告効果が期待できます。 

チャレンジ広告 

お題となるハッシュタグを用意して、手順に沿ってユーザーに動画を作成してもらう広告です。ユーザー参加型のコンテンツになるため、受け入れられやすく、拡散力が高い広告と言えます。 

 

TikTok広告のメリット

ユーザーのエンゲージメントが集まりやすい 

ほかのSNSと比べ、いいねやコメントがつきやすく、フォロワー数が伸びやすいのもTikTokの特徴です。ユーザーコミュニケーションが活発なSNSであるため、広告でユーザーとのコミュニケーションを図ることが出来ます。 

手軽にオリジナリティのある動画作成が可能 

TikTokでは独自のフォーマットで、音楽と編集を簡単に組み合わせてオリジナル広告動画を作成することができるため、作業負担が少ないこともメリットと言えるでしょう。 

 

TikTok広告のデメリット

広告掲載費が高額 

アプリ起動時やタイムライン上などに広告を配信することができるため、どの広告も訴求力に長けていますが、費用が高額になりやすい点はデメリットと言えるでしょう。 

 

まとめ 

今回紹介したように、SNSによって広告の特徴は異なります。ターゲットは誰か、SNSを通して知って欲しいポイントは何なのかを整理し、どのSNS広告を活用するのが最適なのか検討することが重要です。SNS広告を正しく理解し、SNSマーケティングに効果的に活かしましょう 

 

CROSS BORDERではインフルエンサーのキャスティングだけでなく、UGCとエンゲージメントを重視したSNS運用まで幅広く支援しております。

SNSサービスTOP:https://cross-b.jp/sns/
SNSキャスティングサービス:https://cross-b.jp/influencer/
SNS運用サービス:https://cross-b.jp/snslp/
インフルエンサー登録:https://cross-b.jp/cbnet/

お問い合わせメール:info@cross-b.jp
お問い合わせ電話番号:03-6812-9154