ココナッツオイルブームの火付け役「ブラウンシュガーファースト」インタビュー

Pocket

ココナッツオイルブームの火付け役とも言われている、株式会社ブラウンシュガーファースト。「わが子に食べさせたいかどうか?」を基準に食材を厳選、販売する姿勢が多くの女性から支持されています。今回は代表取締役の荻野みどりさんに、会社として・母としての思いや今後の展望についてインタビューさせて頂きました。
ナチュラル製品だからこそ伝えたい「後ろ側」
当社のココナッツオイルは有機JASを取得していますが、原料調達や製造、パッケージまで海外で行っています。有機JASはビンから農地まで情報を辿ることができますが、だからと言って完全に安心はできません。特にココナッツオイルは無添加で精製も殺菌もしていませんので、メーカーが工場に足しげく通い、生産の背景をお客様に伝えるべきだと考えています。しかし、最近では食のプロでないメーカーさんによる販売も増え、より不透明になっていると感じることもあります。
当社の工場は空気がきれいで自然豊かなタイにあります。なにより工場の人々が楽しそうに働いているので、私自身も絶大な信頼を持っています。お客様が安心して商品を楽しんでいただけるよう、商品の“後ろ”をお見せすることが当社のポリシーなんです。
子どもにワクワクしている母親の背中を見せたい
会社設立時は生後4か月の娘を背中におんぶしながらファーマーズマーケットに立つこともありました。思い返してみると、これまでの4年間ワクワクし続けているので、不思議と大変だったとは思ったことがないんですよね。
今は女性が働くことは当たり前になってきましたが、母親が社会に出るには何かを犠牲にしていると感じている人も多いと思うんです。妊娠や出産を楽しいことと捉えて、子育ても仕事もピースフルにバランスが取れれば良いのではと思いますが、現実的にはなかなか難しいかもしれませんね。でも、保育園に預けることを“子どもを犠牲にしている”と感じるより、仕事で充実したハッピーな母親のお迎えの方が子どもも嬉しいはずです。私も仕事で海外出張に行くことがありますが、きちんと説明すれば娘も理解して待っていてくれますし、応援もしてくれます。そのかわり、帰ってきたときにチューをして「大好きだよ」って伝えていますよ。子どもは母親をちゃんと見ていますから、だからこそワクワクしながら働く背中を見せたいですね。
12244469_1008974409167361_472784905317801664_o
有機アップルソースが毎朝の新習慣に
いま一番のおすすめは有機アップルソースです。保存料、着色料、人工甘味料などは使用せずに有機JASを取得したりんごだけを煮つぶして作りました。りんごは食物繊維とカリウムという成分が含まれていて、排出を促すとされていますので、女性であれば美容習慣としておすすめですし、お子さんであれば離乳食としてもよいと思います。ヨーグルトと一緒に食べれば整腸作用が高まるので、朝にぴったりなんですよ。
_1_image_size_372_x
みんなのために「循環する商売」を
当社にはぶれない企業理念があります。それは“わが子に食べさせたいかどうか?”という基準です。どんなに安い原料があっても、有利な流通ルートがあっても、それが自分の子どものためになるかどうかで判断をしていますので、方針が揺らぐことはないんです。
経営者として、ビジネスという言葉は好きではありません。作る人、売る人、買う人が幸せに循環すればいい。100年続く商売です。みんなが、みんなのために楽しさを循環し、社会的利益のある会社になり、やがてひとつのムーブメントになる。当社はココナッツオイルブームのきっかけと言っていただけることがありますが、結果的にオーガニック市場が拡大していくのは、経営者として本当に楽しいです。
会社としては、これからもオーガニックがさらに広まるよう、食の背景を楽しくおいしく伝える存在であることが目標ですね。今後は国内の良い食材を見出して、輸出にも挑戦します。食というものが、さいごには地球環境の循環につながって、さらに自分の子どもに残せるように活動していきます。

<information>
ブラウンシュガーファースト:オフィシャルサイト
オンラインショッピング

代表者:荻野みどり
会社名:株式会社ブラウンシュガーファースト
住 所:東京都渋谷区神宮前2-31-7 ビラグロリア202
事 業:菓子製造事業、食品輸入卸事業